カテゴリ:トピックス( 2 )

千円であなたもオーナーに
 農事組合法人「アグリファーム国友」(吉田一郎代表理事)は出資に応じて黒大豆を収穫できるオーナー制度を始め、出資者を募っている。
 黒大豆は京都ブランドの「丹波黒」。20株の収穫権利を3000円で販売し、栽培や管理は同法人の農家が担当。オーナーは12月中旬の収穫を楽しめる。平均1・5㌔の収穫が見込め、調理講習会やレシピ紹介などの手ほどきも。
 なお、10月下旬に予定している「秋まつり」にもオーナーを招待して交流会を開く。
 希望者は申し込み口数と郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入し〒526・0004長浜市小沢町35の1アグリファーム国友黒大豆オーナー募集係へ。ファクス(62・0066)でも受け付ける。
[PR]
by agrifarmkunitomo | 2008-08-28 18:06 | トピックス
■http://ameblo.jp/my-you/entry-10115148892.html

2008年07月12日
黒大豆オーナー募集 アグリファーム国友が1口3000円
テーマ:記事
 農業組合法人・アグリファーム国友(吉田一郎代表理事)はこのほど、丹波黒大豆栽培のオーナー募集を始めた。同法人の栽培する黒大豆の収穫権利を一口二十株、三千円で販売するもので、昨年実績では二十株で平均一・五㌔の収量があるという。また収穫に来られないオーナーには一㌔を保証する。送料は別途必要。
 アグリファーム国友は国友町西地区の農家二十戸が資本金九百万円で法人化し集落営農を展開しているもので、現在、水稲約二十一㌶、麦・大豆約十三㌶で耕作している。うち二年前から大豆耕作地の一㌶を丹波黒大豆の晩成種栽培に充てていた。上品な味覚に、ポリフェノールなど栄養素が豊富なことから健康食品や日本料理・菓子の高級食材として注目されているという。
 募集定員は二百人。収穫は十二月中旬だが、枝豆として十月に収穫も可。十月二十五、二十六日には同法人の収穫イベント「第二回アグリ国友秋まつり」にオーナーを招くほか、調理講習会の開催や、レシピの送付なども予定している。
 申し込みは、購入口数と、郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入したはがきを、〒526―0004、長浜市小沢町35―1、農事組合法人アグリファーム国友・黒大豆オーナー募集係へ。ファックス(62―0066)も可。
[PR]
by agrifarmkunitomo | 2008-08-28 18:00 | トピックス